膝の痛みの治療について




 

膝の痛みの原因について

日本人の中でおよそ3000万人以上の方が、ひざの痛みに悩んでいるといわれています。このひざの痛みは、おもに関節の部分がいくつかの原因によって、正常に機能しなくなっていることがあり、ひざの痛みを引き起こす代表的な病気に、変形性膝関節症があります。

 

この他にも、スポーツをしている方に多くみられる外傷性関節症や、関節リウマチ、神経症性関節症などの病気があげられます。

 

その中でも、変形性膝関節症のひざの痛みの治療方法には、どのようなものがあるかといいますと、保存療法と外科的手術療法に大きく分けられています。ひざの痛みや違和感に早く気づいて、医療機関に早く受診された方の場合ですと、症状が軽いと診断されたなら、生活習慣を改善する指導を受けたり、運動療法や装具療法、物理療法などのひざの痛みの治療を受けることになるでしょう。

 

膝の痛みの治療について

ひざの痛み運動療法では、ひざ関節の周辺の筋肉を鍛える、運動やストレッチなどの指導を受けたり、温熱や寒冷などでひざの痛みや炎症を抑えていく物理療法などが行われます。また、薬物療法ではひざの痛みや炎症を抑える内服薬や外用薬が処方されたり、関節の働きに重要な軟骨に良い効果をもたらしてくれる、関節内にヒアルロン酸を注入する方法もあります。

 

そして、外科手術の場合には、ひざ関節の炎症が進んで症状が重いなどの時に、関節鏡視下手術や人工膝関節置換術などの手術治療法で、ひざの痛みや炎症が取り除かれることになります。

 

変形性膝関節症は、40歳代の方から症状が出始める方がみられて、高齢になるほど訴える方が増え、加齢や体重の増加、運動不足などが関係しているといわれています。ですが、必ずしも外科手術や薬物療法を行う必要があるわけではありません。

 

当院では問診や触診を行い正しい治療計画を立てて施術を行い、痛みの原因を取り除きます。歩き始める時や立ち上がる時、階段の上り下りなどの動作をした時などに、ひざに痛みなど変化が感じられましたら、早めに足を運ばれるのがいいでしょう。

 

お近くのグループ院を探す

 

   

診療日のお知らせ

[営業時間]土日祝日営業
[定休日]夏季・冬季休院 毎月1日間研修休み