ぎっくり腰について

ぎっくり腰は世間での知名度が高いわりに、原因や症状がそれほど正しく理解されていません。

 

正しくは急性腰痛症というもので、その名が示すように突然腰に痛みが生じる症状のことです。

 

あまりの激痛に驚くことも多く、それを例える表現として外国では魔女の一撃と呼ばれることもあります。

 

油断してはいけないぎっくり腰

どこかコミカルな響きのあるぎっくり腰ですが、症状は決して甘くないので油断してはいけません。

 

たとえば酷い場合だと、立っていられなくなることも珍しくありません。

 

寝返りをうつだけで悶絶するような痛みに苛まれることもあります。

 

軽い腰痛だと考えて軽視していると、知らないうちに症状が進行していくことも多いです。

 

発症や症状の悪化につながる原因にはいろいろなパターンがあります。

 

たとえば、引っ越し作業などで重い物を持ち上げることによって生じる腰への負荷が代表的です。

 

知識があれば、さらに詳細な原因を分析することも不可能ではありません。持ったときのバランスが悪くて骨が歪むこともあれば、腰周りの筋肉が弱っていて支えきれないこともあるのです。

 

運動のしすぎで腰にダメージが蓄積している場合もあるでしょう。そのような人は、若くてもぎっくり腰になるリスクが低くありません。

 

改善の方法も調整することが大切

このように原因はさまざまであるため、それによって改善の方法も調整することが大切です。

 

ぎっくり腰である確信がない場合もまずはお近くのなまい接骨院グループにご相談ください!症状のチェックによって得られた情報をもとに的確なアドバイスや治療を行わせていただきます。

 

診療日のお知らせ

[営業時間]土日祝日営業
[定休日]夏季・冬季休院 毎月1日間研修休み

 

Comments are closed